宅地を相続するときの税金などについて知っておきましょう。

被相続人が亡くなる前3年以内の財産の引き渡しは、全て相続があったものとして加算され、相続財産として加算されます。
何故、相続税としての課税をするのでしょうか、それは相続税対策としての税金逃れを防ぐ為です。
相続税対策としては、生前贈与が考えられるのですが、元気なうちは対策を考えないもので、体力が衰えてきて初めて相続を考えるようです。
このような駆け込み的な相続税的な対策を防ぐ為に、相続発生前3年以内に財産の引き渡しがあった物に対しては、全て相続税として加算されます。
しかし相続発生前3年以内の財産引き渡しであっても、相続税が掛からない場合があります。
婚姻期間が20年以上の夫婦の間(内縁関係を除く)では配偶者控除というお得な制度があります。
この制度は、夫婦関係の間で居住用不動産の購入資金に関しての資金援助について認められる特例で、2000万円に基礎控除額100万円を加えた2100万円までは税金がかからないという制度です。
通常相続発生前3年以内の法定相続人への相続財産の引き渡しは、相続税の加算の対象となるのですが、財産この制度の特例を受けると、相続税に加算されませんので、相続税対策として有効な手段として考えられています。
 

コメント

コメントを受け付けておりません。