宅地を相続するときの税金などについて知っておきましょう。

相続時に支払うことになる税金の計算は非常に複雑であり、税務に関して不慣れな個人の場合にはしっかりと計算をして申告をするにはかなりの労力が必要となってしまいます。
相続税には課税価格の計算上特例として減額することが出来る規定も定められており、税理士に依頼してそれらの規定をしっかりと計算に入れておいたほうが支払う相続税を安くすることが出来る場合もあります。
小規模宅地等の特例についても課税価格から一定の割合が減額される規定であり、相続人や受遺者が選択することで特例を受けることが出来る規定となっています。
この規定は生前に事業の用に供されていた宅地等や居住用に使用されていた宅地等のうち限度面積までの部分まで課税価格に含める分を計算する上で一定の割合を減額出来る措置となっております。
生前に親などが居住の用に供していた宅地等の場合、限度面積240㎡までが80%減額される規定となっているので、適用することでかなり相続税の負担を軽くすることが出来ます。
それぞれ適用となる特定事業用宅地等や特定居住用宅地等には細かな条件が決まっているので、遺言書などで不動産を受け取ることになった受遺者の場合には特にしっかりと適用条件を調べておくことが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。