宅地を相続するときの税金などについて知っておきましょう。

親の遺産を相続した場合、その相続した財産の課税価格は基礎控除額を上回ると相続税の支払いが必要となります。
相続した財産は現金に限らず、実際に使用している仕事で使っている事務所や居住している住居なども相続財産に含まれることになり、それら相続した不動産の評価額に応じて相続税の支払いが必要となってしまう場合があります。
相続した事業の用に供していた不動産や生前に被相続人が居住していた宅地等場合、小規模宅地等の特例を受けることが出来、課税価格を現ずることが出来るので相続税の支払いを安くことが出来ます。
この特例によって、親と同居していた子供などがその住居の所有権を相続したために支払いが必要になってしまう相続税の金額を少なくすることが可能です。
親などの被相続人が住んでいた家などの不動産の場合、限度面積240平方メートルまでは80%課税価格が減額されるので大幅に相続税の額を抑えることが可能となります。
ただし、この規定には特例を受けられない場合があり、相続開始前3年以内に贈与により所有権を取得していた場合や相続時精算課税に係る贈与により取得していた場合には適用を受けられなくなってしまいます。
この規定を理解するにはかなりの知識が必要となるので、生前に税理士に相談しておくことが重要となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。