宅地を相続するときの税金などについて知っておきましょう。

特例を受けることのできる宅地等として、相続税では特定居住用宅地、特定事業用宅地、貸付事業用宅地などがあります。特定居住用宅地とは被相続人が住んでいたい自宅に相続人が相続税の申告期限までに継続して住んでいた場合のその自宅の土地のことを指します。最高240㎡まで評価が20%となります。つまり240㎡までの土地であればもともと評価が1億円であれば2,000万円となるわけです。240㎡を超えた場合はどうなるかというと240㎡までを20%評価としてそれを越えば部分は通常の評価をします。
特定事業用宅地は400㎡まで80%、貸付事業用については200㎡まで50%評価が下がります。これらの制度ができた背景として、特定居住用宅地については生活の拠点のなる自宅の土地について高い評価になることで税負担が増えて自宅を手放さなければならないような事態を避けるためでした。特定事業用宅地とは被相続人が行っていた事業を相続人が承継して場合にその事業の拠点となっていた土地のことを指しますが、その土地の評価を下げることでで税負担を抑え事業の継続をやりやすくすることで生活の維持を図るという目的のもの創設させた制度です。第二の基礎控除といわれるこれらの宅地に対する制度は私達の生活を守る樋趣旨のもとに作られたわけです。

コメント

コメントを受け付けておりません。