宅地を相続するときの税金などについて知っておきましょう。

特定同族会社事業用宅地等に該当するために必要なことは、その宅地に関して法人の事業用に共有されていた宅地であるという要件を満たすということで、これは借地法69条の4に定められています。この場合において法人の事業と定められているものには不動産貸付業や駐車場業、自転車駐車場業などが排除されていて、この法律の定めている法人の事業には該当していません。同族会社の事業用宅地等として該当するために必要な要件としては相続や遺贈によって取得した相続人の親族または申告期限においては法人税法の第2条に規定されている役員であることに限られています。小規模宅地等の特例の適用に関しては限度面積要件というものが定められているので、同族会社の事業用宅地のすべてを小規模宅地の特例の適用対象として選択することは不可能となっています。小規模宅地等の特例の適用を選択するためには小売業の店舗などとして利用している部分が必要となっていて、限度面積の定めに従っている広さの土地や、他の人に対して貸し付けている土地に関しては小規模宅地として認められますが、限度面積を超えてしまった部分に関しては適用対象として選択することができないので、事業用宅地として申告する必要があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。